参考文献

  • 実用百科ホリスティツクハーブ医学 
    平成11年4月20日第1版 第2刷 著者 デビット・ホフマン 
  • ホリスティツク医学
    2007年11月10日初版 編者 NPO法人 日本ホルスティツク医学協会
  • メディカルハーブ安全性ハンドブック 
    2012年8月30日5版 著者 マイケル・マクガバン,その他 
  • メディカルハーブの事典 
    2007年4月20日初版 著者 林真一郎 
  • 人体の構造と機能第2版
    2005年1月20日 第2版 編者 佐藤 昭夫、他 
  • 日本のメディカルハーブ事典 
    2013年11月25日初版 編者 村上 志著 
  • メディカルハーブ事典
    2014年5月20日第1版 著者 レベッカ・ジョンソン、他
  • 日本のハーブ事典
    2002年8月 編者 村上志著
  • 精油の化学
    平成24年12月25日第1版 著者 長島 司
  • 医師が教える自然療法 症状別セルフケアバイブル
    2009年1月30日初版 著者 中村 裕恵
  • ホメオパシー医学への招待
    平成16年5月16日第4刷 著者 松本丈二
  • ハーバルセラピーの事典
    2006年3月30日初版 著者 苑田 みほ
  • 日本化学療法学会誌 OCT.1996
    脂肪酸、精製ツバキおよびオリーブ油の黄色ブドウ球菌に対する増殖抑制作用について
    平成8年8月8日 新井 武利・濱島 肇・笹津 備規 昭和薬科大微生物研究室
  • Selective Induction of Apoptosis and Autophagy Through Treatment With Dandelion Root Extract in Human Pancreatic Cancer Cells
    October 2012 –Volume41-Issue7 –p 1039-1047
  • Efficient induction of extrinsic sell death by dandelion root extract in human chronic myelomonosytic leukemia(CMML)cells  Feb 17 2012
  • The Biologibal Vehicle Effect of Aloe Vera
    Aloe vera a sicentic approach p47-84 Rpbert H.Davis Ph.D
  • Comparison of solid-phase cytometry and the plate count method for the evaluation of the survival of bacteria in pharmaceutical oils
    Letter in Applied Microbiology47 (2008)571-573
  • Dysbiosis is and Staphyloccous aureus Colonization Drives Inflammation in Dermatitis
    Kobayasi et al.,2015,Immunity42,756-766
  • 食品と科学 特集/機能性食品の新しい動き 茶花の生体機能成分
    吉川 雅之 京都薬科大学 生薬学教室 教授
  • ドイツの自然療法 クナイプ療法発展の正当性とEBMに基づく研究の流れ
    日温気物医誌第69巻1号 2005年 
    ミヒャエル・アイスフェルダー、M.D 皮膚科専門医、クナイプ自然療法専門医
  • 大豆の水抽出タンパク質に関する研究
    農化 第36巻 1962年 渡辺 篤二, 中山 修(農林省食糧研究)
  • In Vivo and in Vitro Evaluation of Essential Oils from Ligusticum chuanxiong Hort on
    the transdermal Delivery of Flurbiplofen in Rabbits Bio.Pharm Bull.29(6)1217-1222(2006) 
  • サイエンスとエビデンスに基づく化粧品の研究と開発
    第38回日本香粧品学会(2013)・会頭講演  杉本 堅次
  • 「経皮吸収の試験法と評価法」
    平成25年10月 国立医薬食品衛生研究所 小島 肇夫
  • いつまでも若く健やかに-化粧品の有効性を高める経皮吸収促進技術  
    J.Soc.Cosmet.Chem.Japan Vol.41,No4 2007  城西大学 薬学部 生命科学研究センター
  • 薬物の皮膚透過
    綜設(Review Article):膜(MEMBRANE),15(6),296-303(1990
    九州工業大学情報工学部 生物化学システム工学科 東條角治
  • アトピー皮膚炎の炎症抑制
    炎 症VOL.20NO.5 SEPTEMBER 2000 中 川 秀
  • アミノ酸の皮膚透過機構に関する研究 
    薬物動態 Vol.9, supplement(1994) 富 山 医 薬大・薬  畑中 朋美、他
  • 経皮吸収性の促進技術 
    2013年4月8日発行 星薬科大学 薬学部 講師 小幡 誉子
  • 薬物の経皮デリバリーと経皮吸収の促進
    YAKUGAKU ZACSSHI 120(4) 328-338 (2000)
  • 皮膚毒性 日薬理誌(Folia Pharmacol.jpn.)131,285~290(2008) 
    義澤 克己
  • 皮膚の構造と機能 
    昭和57年11月22日 旭川医科大学皮膚科教室 大河原 章
  • 薬物の経皮デリバリーと経皮吸収の促進 YAKUGAKU ZASSHI  120(4) 328-338(2000)
    小木曽太郎 谷野公俊 近畿大薬学部・生物薬剤研究室
  • 皮膚の構造・特性と機能および血管の特性
    日本義肢装具学会誌 Vol.15 No.3  1999
  • 肥満症・メタボリックシンドロームの病態
  • 医学のあゆみ Vol.213No.6  2005.5.7(543-547) 
    前田和久、下村一郎 大阪大学大学院医学部研究科内分泌・代謝内科部
  • 肥満症診断基準とメタボリックシンドローム診断基準のポイント
  • 医学のあゆみ Vol.213 No.6  2005.5.7(549-554) 
    高橋和男、齋藤康 千葉大学大学院医学研究院細胞治療学
  • 1998年 日本臨床代謝学会記録 肥満の科学 71-81
  • 動脈硬化と脈圧②加速度脈と加齢 血圧 vol.9 no.12 2002 29(1267)
  • 加速度脈波の“血管老化スコア”を用いた動脈硬化リスク評価 
    -10年間レトロスペクティブ・コホートスタディー HELP vol.31,No2,2004
  • The Acceleration Plethysmography System as a New Physiological Technology for Evaluating Autonomic Modulations  HELP Vol.35,No.4,2008
  • Heart rate variability assessment in Japanese workers recovered from depressive disorders resulting from job stress : measurements in the work place In Arch   
    Occup Environ Health DOI 10.1007/s00420-009-0499-1
  • STATIONARITY OF THE HEART RATE VARIABILITY BY ACCELERATION PLETHYSMOGRAPHY:YOUNG MAELSDAILY LIFE  J.Human Erggl.,38:41-50,2009
  • 心拍変動周波数解析のLF成分・HF成分と心拍変動係数の意義
    ―加速度脈波測定システムによる自律神経機能評価― HELP Vol.32,No.6<2005
  • 疲労の客観的評価 加速度脈波を用いた方法 精神医学 第50巻 第6号 別冊
    2008年6月15日発行
  • BMIとメタボリックシンドロームの関連
    医学のあゆみ Vol.213 No.6  2005.5.7(589-593) 
    阿部 恵 国立病院機構京都医療センター糖尿病内科
  • 内臓脂肪測定法
    医学のあゆみ Vol.213 No.6  2005.5.7(579-583) 
    善積 透 箕面市立病院中央放射線部 大阪大学大学院医学部系研究科内分泌・代謝内科学
  • 肥満の分子機構 -レプチンを中心に-
    第124回 日本医学会 肥満の科学 肥満のメカニズム 
    京都大学大学院医学部研究科内科学講座分泌代謝内科
  • 腎の機能腎 ―3)内分泌機能  腎と透析 Vol.46 No.4(458-464) 
    加藤 尚彦 東京慈恵会医科大学腎臓高血圧内科、酒井 聡一 日比谷石川腎センター
  • Push&Pull HDF 患者におけるレプチン、ニューロペプチドYの検討
    腎と透析 別冊2001 ,83-85 小野信行、姫野民子、田邊恵子、石田茂、他
    医療法人誠医会松山病院 大分医科大第2内科
  • 健康日本21(第二次)参考資料スライド集(厚生労働省) 平成24年7月
  • 平成 25 年度 医療費の動向(厚生労働省) 平成26年8月26日
  • 平成 25 年度 国民医療費の概況(厚生労働省)
  • ハーブ・ハーブ 2007年発行 編著者 兎兎工房
  • 病気と検査のはなし 発行日2005年11月1日第1版 社団法人日本衛生検査所協会
    監修:日本臨床検査専門医会
  • 経皮毒  2005年3月20日発行 著者 竹内久米司
  • 経皮毒が脳ダメにする 2005年6月20日初版発行  著者 竹内久米司 
  • カラー図解 東洋医学 基本と仕組み 2011年7月15日発行 監修者 仙頭 正四郎
  • カラー版 薬草図鑑 1999年8月5日 第1版発行 著者 伊沢凡人、会田民雄
  • 薬木薬草事典 2002年6月17日第2版 著者 大須賀 正美
  • 1998年 学術調査研究委員会 活動報告 No.1 日本アロマテラピー協会 学術調査研究委員会
  • 1999年 学術調査研究委員会 活動報告 No.2 日本アロマテラピー協会 学術調査研究委員会
  • 「脳の炎症」を防げば、うつは治せる 2011年5月10日発行 著者 最上悠
  • 自然素材で手作り!メイク&基礎化粧品 2008年1月25日 9版 著者 中村純子
  • アロマ療法「アロマレメディー」新装普及版 2005年8月10日発行 著者 クリシー・ワイルドウッド
  • 特開H10-287543 発明の名称 色素沈着剤並びにこれを含有する皮膚化粧料及び皮膚外用剤
  • 特開2014-141484 発明の名称 吸収材料及び、それを用いた石鹸、化粧水、飲料水
  • ハーブコーディネーター養成講座 テキスト1、2
    2009年4月15版  発行 日本園芸協会
  • わかりやすい 香りのテクノロジー
    平成9年12月15日 著者 嶋本 静子 他
  • メディカルハーブレシピ
    2012年12月25日初版 著者 ローズマリー・グラッドスター
  • エッセンシャルオイル総覧2007
    平成18年12月28日第1版 著者 三上 杏平
  • 美しさと若さが蘇る ハーブの教え
    2008年4月18日 発行人 持田 克己
  • 精油とハーブのブレンドガイド
    2013年9月10日初版 編集・発行人 東口敏郎
  • 植物オイル・ハンドブック
    2012年10月25日初版 著者 シャンタル&リオネル・クレルジョウ
  • <香り>はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療
    2014年10月10日第8刷 著者 塩田 清二
  • ハーブで自然エステ
    2003年6月30日第1刷 著者 和田 潔美
  • アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典
    2004年5月31日5版 著者 レン・プライス 他
  • アロマテラピーのベースオイル
    平成16年9月30日第6版 著者 ルート・フォン・ブラウンシュバイク
  • ストレスに効くハーブガイド
    平成14年1月15日第2版 著者 ローズマリー・グラッドスター
  • ハーブティーカクテルの事典
    2003年4月10日 編者 成美堂出版編集部
  • 四季のハーブガーデン
    2007年3月31日第1版 著者 北川やちよ
  • JOY OF HERBS ハーブを楽しむ暮らし
    平成10年10月25日5版 編集人 岡本信弘
  • 改定版 ハーブ全書
    2010年6月20日第2刷 編集人 福田 佳亮
  • 牛乳・乳製品
    昭和58年6月30日第7版 著者 中江 利孝
  • 本物の治す力
    平成16年4月1日 著者 菊池 眞悟
  • SiLica 生命の源―ケイ酸
    2001年 意訳者 一ノ宮 康亮(ゲルハルト・ライボルト)
  • メディカルハーブ LESSON
    平成8年12月1日第1刷 著者 林真一郎
  • ハーブウォーターの世界 
    平成26年9月1日第1版 著者 井上 重治
  • 幸せを呼ぶ ハーブセラピー
    2005年5月9日 著者 大島 櫻彩
  • 改訂版 薬剤師のための臨床検査の知識 著 池田 千恵子 前十三病院薬剤部長
    平成17年3月30日 改訂2版発行 発行所 じほう
  • ハーブ サプリ ハーブ
    2003年10月25日 第一刷発行 著者 アール・ミンデル
  • プロフェッショナルハーブ療法
    2012年1月15日 著者 アン・マッキンタイア
  • 続・医者も知らないホルモン・バランス
    2000年2月25日 第1刷 著者 ジョン・R・リー/他
  • 無血刺絡療法 自然治癒力を引き出す未来の医療
    2007年7月30日 初版発行
  • エッセンシャルオイル図鑑
    1998年 12月1日 初版発行 著者 ジュリア・ローレス
  • 薬物動態 Vol.9 supplment(1994) アミノ酸の皮膚透過機構に関する研究
    富山医薬大 ・薬 ○畑中朋美、他
  • 共役リノール酸の抗肥満・抗高脂血症作用とその機序「肥満研究」Vol. 9 No. 2 2003 <トピックス> 柳田晃良,ほか
  • 肥満の科学 [II]肥満のメカニズム 5.脂肪細胞の増殖 著者 杉原 甫  
上へもどる